読書

2013年8月22日 (木)

浅田次郎「天切り松 闇語り 第一巻 闇の花道」

退職してやりたかったことの一つが、読書。
せっかくブログを始めたので、読書日記をつけようと
思います。

相方が浅田次郎好きであるがために、私もすっかり
次郎さんファンになりました。次郎さんの本を読むことで、
私の知らない世界、例えば、牢屋内の状況や泥棒の
世界を知るとともに、難しい漢字も覚えられるので、
私にはためになります。

「天切り松 闇語り 第一巻 闇の花道」
これは、泣かせる一冊でした。
主人公は不幸な身の上の少年ですが、周りの人に救われて、
立派な(?)大人になりました。本人の素朴で素直な態度が、
周りの人に好かれる要素なのでしょうかねshine

_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)